読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常茶飯事

身の回りで起きた日常茶飯事なことを投稿…してるわけではないです((

トーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーク

kirbyR(以下R)「さあ、いよいよ始まりました!トークタイムです!」
フレイム(以下フ)「何でそんなにテンション高いんだよ…」
カービィ(以下カ)「いーじゃん、楽しくやろうよ!」
シャドーカービィ(以下シャ)「どーでもいいけどさっさと終わらせよう…」
R「とりあえず、ここで今回の登場人物(?)の紹介です。」
R「何故か作者にいつも冷たいが体温は高かったりするポケモンのブースター、フレイム君です!」
フ「…よろしく」
R「続いて、何でも吸い込み、何でもコピーしてしまう、別名ピンクの悪魔、またの名を無差別吸引物、星のカービィ君です!」
カ「そういう変な紹介はやめて欲しいな…。」
カ「とりあえず、今回はよろしく!」
R「そして、いつもクールで気取っていて、かっこつけているのかは知らないけどとにかく冷たいシャドーカービィ君です!」
シャ「…殺す」
R「(怖っ)」
R「まあ、とりあえず始めて行きたい所ですが、長くなりすぎたのでここで終了とします!お疲れ様でした〜w」
フ、カ、シャ「「「お前のせいだろ!!」」」